少しでも娘のムダ毛を綺麗にしてあげたい親心・・・

私には中学生になる娘がおります。

生まれつき毛深かった娘でしたが、「ムダ毛」が気になりだしたのは、小学校の5年生ぐらいだったでしょうか。

いくらまだ小学生とはいうものの、手足はともかくとして、脇のムダ毛はそのままにしておくわけにはいきませんでした。

特に夏場は薄着になる上に、プールの授業もありますので、市販で売っている、若い女の子が使用するカミソリを購入してみたのです。

しかし、その商品は刃の部分が太いため、とても安全で良い商品なのですが、ワキを剃るのには向いていませんでした。
その結果、安い値段で売っている、普通のカミソリで処理することになったのです。

そして手足に関しては、カミソリで剃ると、毛が生えてきた時にチクチクしてしまうので、通信販売で販売されている、お肌に優しい除毛クリームを使用していました。

小学生の当時は、女子はまだムダ毛が生えていないお子さんがたくさんいたようで、娘本人もとても気にしていたのですが、中学生になった時には、周りの友達もムダ毛があるお子さんが増えたようで、「私だけじゃなくなったよ!」と、ちょっとホッとした表情を浮かべていました。

しかし、年齢が上がるにつれて、ムダ毛が生えてくるスピードも、その量も多くなり、手足に使用していた除毛クリームでは、全然追いつかなくなってしまいました。

・・・というよりは、この脱毛クリームの商品を購入することが、とても厳しくなってきたと言った方が正解かもしれません。

そして、現在のムダ毛処理方法は、全ての部分を娘が自分でカミソリを使って剃っています。

これから更にお年頃になりますので、どうにかこのムダ毛を改善してあげたいと思っているのですが、エステに行くにも、脱毛器を買うにしても、そこそこ金額がかかってしまうものです・・。

今後も色々な情報を入手したり、周りのママ友さんに相談したりして、娘に合うムダ毛処理を見つけてあげられたら・・・と、母としてこう思うのでした。

ここでも子供向けの脱毛処理が紹介されています。
色々と具体的な方法があって参考になるのではないかと思われます。

小学校高学年のムダ毛処理の体験談について

小学生の高学年になると男子も女子も、少しずつ身体的なコンプレックスが芽生え始める年頃でもあります。

これは、小学校高学年男子が、すね毛を剃った体験談ですが、感じたことを紹介します。
本人がすね毛を剃りたいから、カミソリを貸してくれと言ってきたことが始まりです。

私が普段使用している髭剃りを貸すわけにもいかないので、T字カミソリをスーパーで購入して、本人に使い方に注意することだけを言いました。

私自身も、息子と同じ年頃に興味本位ですね毛を剃ったことがあるので、止めることはしませんでした。
今の子と私の小学生時代と比較して、今の子たちは自分の身なりに敏感に感じました。

ファッションについても、ジャージ一つカッコイイデザインが欲しいと言ってるのを見ると、自分の身なりに多少なりとも、気をかけているように感じます。

すね毛を剃った後、本人から感想を聞くと、ツルツルして気持ちいいと返ってきました。
数日後、すね毛が生え始めてからは、チクチクして剃らなければよかったとも言ってました。

一応、何度も剃ることは勧めたくなかったので、皮膚を傷つけたり、大人になってからエステサロンにも行けばいいとか、本人にはまだ分からないところもありますが、アドバイスだけしておきました。

やってみて、良かったと感じたり、やらなければよかったと思ったり、本人がどう感じるか、やってみないと分かりませんので、今後どうするか考えて行動かと感じました。